Unfound Messages

Decentralized Culture Media

Music

音楽について語る日。

投稿日:

ちょっと真面目に音楽について語ってみます。いつも音楽の不思議について考えていて、思いついた事は根拠もないままTwitterに書き込んでいるわけです。それをここにまとめてみようと思いました。

 

音は映像に付くものではない。音は生き物に付くものだ。

音は映像を映すのではなく、生き物の息吹、呼吸、鼓動、のようなものを映し出すのだと。偉大な作曲家、作詞家、編曲家などがこの世を去ると、同じものは2度と手に入らない。謎は永久に謎のまま。命がいかに大事なものか…それは音楽に心を打たれる度に痛烈に感じます。あの音にもはや触れられないと。

 

 

-Music

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Spliceのオーディオサンプルを使ってテクノトラックを作ってみよう

こんにちは。テクノトラックをコンピューターで作りたいと思っても、テクノは奥が深くて、どこからどう組み立てたらいいかわからないという方も多いと思います。テクノアーティストの音を一生懸命聴いても、耳で聴き …

テクノというジャンルの魅力

あるアーティストは、「音楽は生物(なまもの)」と表現しています。レコードやCD、ネット配信という形が変わっても、何も考えずに音を記録しただけのものは本来その音が持つ「生きた」エネルギーを止めてしまうイ …

Max For Liveの勉強メモ

Max For LiveがAbeleton Live Suite 10にビルドインされるという事らしいです。その流れで、何となくMax For Liveをきちんと勉強しようと思います。 勉強する中で出 …

MASCHINE:ビート製作の作業をそのまま公開してみる

こんにちは。   YouTubeは、デフォルトだと15分以上の動画はアップできないみたいで、それ以上の長さをアップするには本人確認が必要なようです。   知らなかったので、作曲中( …

MASCHINE: STEPモードではピッチ(音程)も変えられます。

こんにちは。 Maschine MK2のハードウェアを使って、ドラムトラックでSTEP入力をするのは楽しいのですが、シンセリードなどのピッチ(音程)のある音色についてもSTEPで入力できたら楽しいだろ …