Unfound Messages

アンファウンド・メッセージズ・ブログ

Article Life Style

夏の海外旅行なら、バンクーバーがオススメ!

投稿日:2019-08-07 更新日:

ずっと夢見ていた、カナダのバンクーバーにやっと行くことができました。夏場のバンクーバーは噂通り、気温も20度〜25度前後、湿度も低くてカラッとしており、超過ごしやすかったですよ。その分、旅行者泣かせのホテル代となっていたので、工夫を凝らしての旅となりました。

Vancouver
バンクーバーの気候は最高!

バンクーバーが日本人観光客に優しい理由

日本人が最も苦手とする旅行の理由はダントツで「英語がわからない」という点だと思います。英語がわからないのに、なぜか英語圏の国が好きという謎の国民性なわけで、ハワイなんかが人気なのはその気候の他に、「英語圏なのに英語が苦手な日本人に優しい」という理由です。そしてバンクーバーはどうか。ハワイほど日本人に寄り添っているわけではないので、「どうにか英語を攻略したい」というやる気のある日本人に優しくしてくれるという、ちょうどいいレベルと言えます。英語がカタコトでも話そうと頑張れば認めてくれる感じ。

バンクーバーはワーキングホリデーが使えます。もともとバンクーバーは、異文化を認めることで発達してきた歴史がある国なので、アメリカ文化、ヨーロッパ文化、中国文化、インド文化などいろいろな文化背景が混ざり合いながらも、しっかり「カナダ」という国として文化が出来上がっています。
特に、現地の中国系の人々などもバンクーバー内でがっつり中国語を話して生活していたりするので、「異国文化」を尊重する思考があるわけです。日本人も尻込みすることなく、堂々と旅行して、堂々と日本人であることを示し、そして堂々と英語で頑張ってみる。これでいいんです。

そしてバンクーバーは、何よりも食事がめちゃめちゃ美味しい。多国籍文化なので多国籍な食べ物が多いんです。つまり中華料理もあるし、しっかりと日本食レストランもあります。そしてそれなりに美味しいので、その点でも日本人には優しいと言えるでしょう。

バンクーバーでの交通移動は苦労知らず

英語の苦手な日本人が困ることは、何と言っても移動手段。電車やバスを乗りこなせないと、せっかく旅行に行ってもホテルから離れられず、得られる経験値も少なくなってしまいます。
バンクーバーは、「Compass Card」というICカードがあります。日本で言うところのSuicaやPASMOのようなもので、電車、バス、そして海を渡るシーバス全てこのCompass Cardが使えます。このカード、しかもオンラインでチャージ残高が見れるだけでなく、ユーザー登録すればオンラインでチャージする事も可能。とりあえずスマホのGoogleマップと一緒に活用すれば、ほぼどこでも自由自在に移動できます。

さらに、そのCompass Cardのチャージ残高が不足してしまっても、「Apple Pay」などのモバイルウォレットにも対応しています。私も実際に日本で購入したiPhoneのApple Payを使って電車に乗りましたし、現金を使う事なんてほとんどありませんでした(まあ、それはそれで少し物足りない気もしますが・・・)。

Apple Pay
電車の改札でApple Payが使えます!

バンクーバーなら都会と自然の「両取り」が可能

海外旅行に行こうとすると、さてどんなところに行こうかと行き先を迷いますよね。ニューヨークのような大都会がいいかな、それとも自然豊かな場所がいいかな、なんて。自然豊かな場所にしたいけど、不便な生活も嫌だしな・・・なんて。わがままと言われようが、海外旅行はお金がかかるので、なるべく両取りしたくなるわけです。そんなあなたにはバンクーバーがおすすめ。
バンクーバーには、「ダウンタウン」と呼ばれる大都会の他、「スタンレーパーク」などの海の見えるビーチや大きな公園、そして「ノースバンクーバー」と呼ばれる大自然溢れる山岳地帯まであります。それぞれ車で30分前後の距離ですし、とりあえずバンクーバーへ行って、そこから旅程を考える方法もできちゃいます。

おみやげ屋さんもあるダウンタウンは大都会!
Stanley Park
スタンレーパークは1日かければ歩いて一周できます!
North Vancouver
ノースバンクーバーは坂がきつい。ここ、めっちゃ急な下り坂です。

【結論】だから夏のバンクーバーはオススメなのです!

自然と都会が同居した街、バンクーバーは本当にオススメです。夏休みはぜひバンクーバーを体験しに行ってみてください。お土産にはメープルシロップを忘れずに(笑)!

-Article, Life Style

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クリエイターとアーティスト

言葉の定義としてはどちらも何かを創る人達を指すとされているが、私は次のように解釈し、日頃使用している。 「クリエイター」 専門スキルを使って、依頼に基づいて製作する人。 比較的競合他社もあり、日々切磋 …

欲しいものが2つあって選べない時の決断術

こんにちは。   日常生活の中で必要なものを買うのには特に難しい事はなくて、普通に安いところから買えばいいのですが、「これがないと生活できない・・・[su_highlight]わけじゃない[ …

Stanley Park

【自分探しの旅に出るなら】海外旅行計画のステップバイステップ

マンネリした人生に喝を入れたい。自分の価値がわからなくなった。そんな時の新たな自分発見には、やはり海外旅行ですよね。今まで行ったことのない場所に行っていろんな事を体験すると、今までの自分を客観的に捉え …

【ホテルは古い?】旅行を計画してるなら、Airbnbを体験してみよう!

「まるまる貸切」は癖になりますよ・・・ クリエイティブな生活を送る人には旅行という名のインプットが欠かせません。でも旅行に行こうとしても予算が限られている場合や、日程が急なためホテルが取れない、なんて …

Spotify などのストリーミングサービスが叩かれる理由

  こんにちは。 ミュージシャンが「稼げねー!」と嘆いている近年ですが、色々整理してみたいと思いました。   アーティストはビジネススキームと別の世界に生きていると解釈する人もいる …