Unfound Messages

Philosophy Art Collaboration

Music Performance

MASCHINE:なんとノイズだけで(!)ビートを作ってみた

投稿日:2018-08-09 更新日:

こんにちは。

 

私たちの身の回りにある自然界の音は、全てが「ノイズ」と言えるのではないか?と、ふと浮かんだんですよ。

ノイズって専門的に言えば、倍音という成分が多い音と言われますが、簡単に言えば、音程がわからない音のことです。人間が生活していて、周りの音の音程が聞き取れてしまったら、さぞかし生活しにくいことでしょう。なぜなら、いろんな音が重なる事で、綺麗な和音になる保証などどこにもない、つまり不協和音だらけの中で生活することになるからです。

 

そんで、もし全ての自然音が「ノイズ」だと仮定できたとして、ノイズだけで構成された音楽ってどういうものだろうな?と考えてみたんです。

音程が必要ない楽器といえば、ドラムです。ドラムといえば、テクノ(笑)ということで、テクノビートをノイズだけで作ってみたらどうなるのか。

 

テクノを作ってみたいと思うと、やれシンセサイザーやらエフェクターやらを勉強してどーのこーので難しいなあ・・・と思いがちなので、じゃあノイズだけで実験してみました。

 

ノイズだけでテクノビートを作れるのか?

せっかくテクノなんだから、やっぱりぶっといキックは欲しいよね?って事で、キックだけシンセサイザーで入れてみます。それ以外は全部ノイズ!

 

「ザーーーー!」という音しか使いません!

 

基本的に、ノイズの音をマキシマイザーで音量を揃えて、フィルターでノイズ成分を和らげ、リバーブをそっとかけてあげる。その程度です。

 

やってみた。

 

元がノイズです。しばらく耳が痛くなるかもしれませんので、音量は低めで再生してください。

 

 

どうですか? なかなかのもんですよね? Maschineに入っているデフォルトのリバーブがやたらと綺麗なので、リッチなサウンドに仕上がったように思います。

 

このビートに、シンセサウンドなどを普通に足していったらどんな曲に仕上がるのか興味が出てきました。でもやらない(笑)。

 

考察:フィルターがあれば元の音はノイズでも構わないってことです。課題は、制作中にフィルター無しのむき出しノイズの音をたくさん聞くので、やたらと耳が疲れること。オススメはしません。でもいいヒントが得られた気がします。何かに活かそうっと。ではまた!

created by Rinker
Native Instruments
¥71,064 (2019/02/21 11:38:55時点 Amazon調べ-詳細)

-Music, Performance

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ComputerMusic: Tom Hadesによる本格的なテクノトラック作成講座

テクノ愛好者の皆さん、こんにちは!   海外の Computer Music という雑誌の255号で「Producer Masterclass」という、有名なプロデューサーが音楽製作について …

Sound CloudでWordlessをリリースしました

こんにちは。uPlayerです。 ちょっと遅くなりましたが、WordlessというテクノトラックをSound Cloudにアップしております。 バージョン1.0という事ですが、何と完成に至るまでのベー …

Amazon Kindle Paperwhite レビュー

こんにちは。   読書の秋は終わってしまいましたが、読書にもっと時間とお金をかけるべきだと思っていて、ずっと Kindle デバイスが気になってましたので、勇気を出して買ってみました。 &n …

Compatible case for Ableton Push2 (Japanese)

https://youtu.be/pYrXwDp4lLg

Cyclone TT303 購入記

ども。突然ですが私は元々はコンピューター好きが高じてシンセサイザーの道へ入りました。アナログケーブルは散らかるし重いので、学生当時はあまり好きではありませんでした。デジタルの方が変更作業も簡単で机の上 …

Twitter Button

 

自由を愛する計算苦手な文系ITエンジニア&エレクトロミュージシャンです。