Unfound Messages

Philosophy Art Collaboration Label

Music Performance

MASCHINE:なんとノイズだけで(!)ビートを作ってみた

投稿日:2018-08-09 更新日:

こんにちは。

 

私たちの身の回りにある自然界の音は、全てが「ノイズ」と言えるのではないか?と、ふと浮かんだんですよ。

ノイズって専門的に言えば、倍音という成分が多い音と言われますが、簡単に言えば、音程がわからない音のことです。人間が生活していて、周りの音の音程が聞き取れてしまったら、さぞかし生活しにくいことでしょう。なぜなら、いろんな音が重なる事で、綺麗な和音になる保証などどこにもない、つまり不協和音だらけの中で生活することになるからです。

 

そんで、もし全ての自然音が「ノイズ」だと仮定できたとして、ノイズだけで構成された音楽ってどういうものだろうな?と考えてみたんです。

音程が必要ない楽器といえば、ドラムです。ドラムといえば、テクノ(笑)ということで、テクノビートをノイズだけで作ってみたらどうなるのか。

 

テクノを作ってみたいと思うと、やれシンセサイザーやらエフェクターやらを勉強してどーのこーので難しいなあ・・・と思いがちなので、じゃあノイズだけで実験してみました。

 

ノイズだけでテクノビートを作れるのか?

せっかくテクノなんだから、やっぱりぶっといキックは欲しいよね?って事で、キックだけシンセサイザーで入れてみます。それ以外は全部ノイズ!

 

「ザーーーー!」という音しか使いません!

 

基本的に、ノイズの音をマキシマイザーで音量を揃えて、フィルターでノイズ成分を和らげ、リバーブをそっとかけてあげる。その程度です。

 

やってみた。

 

元がノイズです。しばらく耳が痛くなるかもしれませんので、音量は低めで再生してください。

 

 

どうですか? なかなかのもんですよね? Maschineに入っているデフォルトのリバーブがやたらと綺麗なので、リッチなサウンドに仕上がったように思います。

 

このビートに、シンセサウンドなどを普通に足していったらどんな曲に仕上がるのか興味が出てきました。でもやらない(笑)。

 

考察:フィルターがあれば元の音はノイズでも構わないってことです。課題は、制作中にフィルター無しのむき出しノイズの音をたくさん聞くので、やたらと耳が疲れること。オススメはしません。でもいいヒントが得られた気がします。何かに活かそうっと。ではまた!

created by Rinker
Native Instruments
¥71,064 (2018/12/11 11:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

Google Ad Sense




Google Ad Sense




-Music, Performance

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

MASCHINE: STEPモードではピッチ(音程)も変えられます。

こんにちは。 Maschine MK2のハードウェアを使って、ドラムトラックでSTEP入力をするのは楽しいのですが、シンセリードなどのピッチ(音程)のある音色についてもSTEPで入力できたら楽しいだろ …

Ableton: 時間差で音量を操作するコンプレッサーを使ってグルーヴを生む。

こんにちは。   前回、音の長さをうまく操作してグルーヴをコントロールするお話をしました。 DAW側でMIDIデータ自体の長さを短くしたり、シンセサイザー側のリリースタイムを短くしたり、とい …

テクノというジャンルの魅力

あるアーティストは、「音楽は生物(なまもの)」と表現しています。レコードやCD、ネット配信という形が変わっても、何も考えずに音を記録しただけのものは本来その音が持つ「生きた」エネルギーを止めてしまうイ …

病気と戦うSadowick先生を応援します

こんにちは。   Abletonユーザーなら知っている人も多いと思いますが、Ableton LiveなどのTipsをYouTubeで公開しているカナダのミュージシャン Brent Sadow …

MASCHINE: テクノのループビートを飽きさせないようにする方法

こんにちは。世の中はお盆休みだそうですね。みなさんはゆっくり休暇を楽しまれていますでしょうか?   さてお盆といえばテクノという事で、今日も一生懸命ループを作っている皆さんの中にも、かつてル …