Unfound Messages

Decentralized Art Experiment

Article

お金のためではない音楽活動がお金を集めてしまう話

投稿日:2019-02-22 更新日:

ミュージシャンは一時期より稼げなくなりました。それなのに、将来ミュージシャンになって好きな事で生きていきたい!と叫ぶ若者は後を立ちません。

 

昔と比べて何が変わったかを冷静に考えてみると、やはりレコード〜CD〜コピープロテクト型合法ダウンロード〜ストリーミングという変化の流れです。この変化に伴って、お金が稼げなくなったと言われていますが、果たして? 時代は変化するのだからお金の流れも変わります。音楽家の立ち振る舞いも変化する必要があるのでしょうか?

 

今は、軒先ビジネスを頼ってる

 

 

アーティストは自分で営業をしない代わりに Spotify や Apple Music などのストリーミングプラットフォームの営業力を頼る事ができています。プラットフォームが集客をしてくれるわけです。

 

大きな面積の店舗の一角に、自分の作品を展示させてもらって、もし売れたら(再生さたら)その何割かの売上額が手に入るという仕組み。いわゆる軒先ビジネス。でもこの「何割」という比率が問題。

 

ダウンロードにしてもストリーミングにしても、入ってくる金額はプラットフォームサービス側に決定されています。楽曲の制作費に300万円かけたとしても、それを考慮した金額で販売することは出来ません。

 

 

アーティスト側のコスパとは?

 

制作費が300万円だから、人件費含めて700万円という値段で、一人の顧客だけに売ろう。というアイディアも良いとは思いますが、まあ音楽なんで、多くの人に聴いてもらってこそ意味がありますね。

 

では、仮に1,000枚量産するから、1枚7,000円で売ろうというのでもあり。それなりの品質ならそういう売り方も良い。

 

でも、ストリーミング会社の方が権力が強いんで、 音楽家に決定権がありません 彼ら自身のサーバー管理代金、クラウドシステム開発維持費、営業マーケティング費、そして従業員の人件費、諸々あって彼らはそっちをまず確保する。納品してくれるアーティストには「稼ぎたければたくさんの再生数を確保せよ」ということです。

 

でも聴く人の事を考えてみて。

 

 

みんな時間がないんです。誰だって毎日たくさんのコンテンツをインプットして、たくさんのコンテンツをアウトプットする時代です。

 

  • 一人の人が、一人のアーティストの曲を何回もリピート再生する。または
  • たくさんの人が、一人のアーティストの曲を1回だけ聴く。

 

さてどうでしょう。世の中のアーティスト数も膨大なので、自分の曲を聴いてもらいたくても競争が激しくて、なかなか難しいですよね。

 

リスナーは、自分のテイストのサウンドやアーティストを「検索」して見つけるか、あるいはAIがレコメンドしてくれたアーティストを受動的に聴かされるだけ。後者の方が楽だけど、あまり能動的ではないですね。

 

しかもどのアーティストを聴いても、アプリのGUIは同じだし、ユーザー体験にバリエーションがない。

 

音楽家は自分たちでアプリ作ったら?とさえ思います。

 

レーベルコミュニティーの可能性

 

音楽家が自分でアプリ作ったところで、聴ける楽曲の数が少ない。リスナーはそんなアプリにユーザー登録してまで聴きたいでしょうか?

 

一人のアーティストだけで100曲も200曲も作れないとすると、同じテイストのアーティストが集まっている「レーベル」という存在があります。そのレーベルが独自にストリーミングサービスやその他グッズ販売などを手がけたらどうでしょう。

 

 

音楽ビジネスはコスパが悪い?

 

同じ価値観のアーティスト(音楽に限らず)とファンが集まるコミュニティーのための有料チャンネルという位置づけなら、面白い事が起きそうなんだけどなあ。

 

顧客の日々の生活にメリットがなければお金は入ってきません。とにかく販売商品の価値を高めてあげないといけません。

 

仮に5分の曲があったとして、5分でどれだけ贅沢な体験をさせられるのか、で価格設定が決まってくるべきです。「絶対に最高の5分を体験できます。なぜならこの曲には〇〇が使われているからです」と解説できるようなもの。

 

実際にはリスナーは4万円の高額なヘッドホンで聴く人もいれば,4千円のヘッドホンで聴く人もいる。車のスピーカーで聴く人だっている。

 

リスニング環境が異なる全てのユーザーが良い音で聴けるように作るのは、ものすごく生産時間とコストがかかって、それをペイするのも難しいんですよね。

 

価値があるのは作品ではなく作者かもしれない

 

アーティストなら、「お金のためにやってない」と言い切れると、そこにこそ価値が芽生えてきたりします。

曲に価値が生まれるのではなく、その作者自身に価値が宿ると考えると、ファンはどうにかして そのアーティストに作品を作り続けるようにと支援します (その代わり、アーティストは作品制作以外の事には全くお金が使えないというハンデを背負って生きていきます)。

 

そう考えると、世の中には「お金」以外にも、別の定量的な尺度が隠れているような気がします。

 

 

-Article

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Ableton Meetup Tokyo 「テクノスペシャル」見てきた

仕事を早上がりして電車に乗って1時間30分・・・恵比寿のリキッドルームで開催された Ableton Meetup に行ってきました。今回は待望の「テクノ編」! まさにど真ん中キタ! 質問したい事山ほど …

物理的な「場所」から解放される創作活動

「テレワーク」というキーワードもよく聞かれるようになりました。会社のオフィスへ行かずに仕事をする事について、ようやく理解が進むようになりました。実際に人と会って同じ飲み物や食べ物を口にしながら、同じ場 …

Lisk EliteCenter Tokyo オープニングイベントレポート

Lisk のデリゲートチームである Elite が東京にコワーキングスペース「ELITECENTER」をオープンしました。Elite といえば DPoS のデリゲートチームの一つという印象しかなかった …

ブロックチェーンは私たちの社会にとってどんな意味があるの?

暗号通貨と呼んでみたり、仮想通貨と呼んでみたり、さらには暗号資産と呼んでみたりと色々と変化が止まらないこの業界。社会からは怪しい詐欺の仲間のような扱いまで受けているわけですが、そもそも世界が注目してい …

「お金のいらない国」という本について

ZOZOの前澤社長が影響を受けたらしい本、「お金のいらない国」を読みまして、ちょっと頭が混乱しています。   「お金のいらない国」、読んでる最中だけどまるでAppleが昔作ったナレッジナビゲ …

Twitter Button

 

uPlayer(ユープレイヤー):自由を敬愛する文系ITエンジニア&エレクトロミュージシャンです。テクノの世界をもっとポピュラーにしたいと願ってます。