Unfound Messages

アンファウンド・メッセージ

Music Performance

MASCHINE: 続、練習スタジオでの即興作曲

投稿日:

こんにちは。

 

昨日の記事の続きです。もう一つ、ちょっと趣の違う曲も作ってましたのでシェアします。

これもコンピューターの画面はほとんど見ずに、Maschineのハードウェア操作だけで30分くらいでササっと作ってます。

 

本当にMaschineで作業すると早いです。

 

なぜなんでしょうね。自分でも不思議です。でも多くのユーザーがそう言っているので間違いはないと思います。Maschineは、何かが違う。

 

で、これをベースとして、Ableton Liveなどの本格的なDAWソフトウェアにデータを書き出して、完成まで持っていく事になります。

書き出した後で、ガラリと曲の方向性が変わってしまうのはあまりおすすめではありません。キリがなくなります。なるべく、最初のイメージ感、空気感を崩さないようにして完成に持っていった方が良いと思います。

 

 

-Music, Performance

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Sound CloudでWordlessをリリースしました

こんにちは。uPlayerです。 ちょっと遅くなりましたが、WordlessというテクノトラックをSound Cloudにアップしております。 バージョン1.0という事ですが、何と完成に至るまでのベー …

Ableton: 時間差で音量を操作するコンプレッサーを使ってグルーヴを生む。

こんにちは。   前回、音の長さをうまく操作してグルーヴをコントロールするお話をしました。 DAW側でMIDIデータ自体の長さを短くしたり、シンセサイザー側のリリースタイムを短くしたり、とい …

New track “All Set To Dive” released and ready to play on major platforms

New track “All Set To Dive” was released and ready to play on major platforms such as Ap …

Spliceのオーディオサンプルを使ってテクノトラックを作ってみよう

こんにちは。テクノトラックをコンピューターで作りたいと思っても、テクノは奥が深くて、どこからどう組み立てたらいいかわからないという方も多いと思います。テクノアーティストの音を一生懸命聴いても、耳で聴き …

Elektron AnalogRytm MK2基本操作

今日は、AnalogRytmMK2の基本的な操作方法をご紹介します。正直、自分にとってこのリズムマシンは操作方法が独特で暗記するのが大変です。リアルタイムパフォーマンスしやすいように設計されているもの …

検索

Twitter Button

 

uPlayer(ユープレイヤー)