Unfound Messages

アンファウンド・メッセージ

Music Review

「Tattoo」の妖美な世界観を分析

投稿日:

ワールドクラスのグルーヴを繰り出すバンド、EUROXが提供した、怪しくも超クールな楽曲。洋楽っぽい要素がたっぷりで面白いです。どうやって作られているのか解析してみます。

Aメロ

F#マイナーキーですが、メロディックマイナースケールなので、C#マイナースケールのようにも聞こえてしまいます。スケール感を薄め、怪しい空気感を作っています。
ジャジーな♭5thを散りばめつつ、ほとんどFm一発です。コード進行の後半はメジャーコードを挟み、またFmに戻します。

「F#m」 (都市にはびこる 哀れなアンドロイド くどき上手のチープなレプリカント)
A/ C7 / D7 / F#m」 (ハートの萎えた 男は要らない Get out)

数字にすると、
「6m」
2 / 4 / 5 / 6m 」
となります。
F#マイナーならば本来、「2m / 4 / 5」(「Bm/ D / E」)となるところですが、ここで「2」としているので、一瞬「C#マイナーだったか?」と感じさせ、「4 / 5 」とするところで再びFマイナーと認識させています。

Bメロ

ブルーノートを多用したフレーズのBメロです。
「D / E / #Fm」 (ひえた胸に じっと眠る炎 起こして)

つまり、
「4 / 5 / 6m」
です。

Cメロ(サビ)

ここで場面をガラリと変えます。転調させてます。
「D / A / CM7 / G6 」 (Show me your real love 咲かせなさい)
「D / A / CM7 / G 」 (その胸に 消えないバラを)

数字で言うと、
「4 / 1 / 4 / 1
つまり、前半はAメジャースケールの4→1、後半はGメジャースケールの4→1です。ボーカルラインは両方の調に共通の音を選んで、邪魔しないようにしています。

-Music, Review

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新トラック、Grand Canyon リリースです。

新リリースのお知らせです。 新しいトラック「Grand Canyon」をストリーミングサービスで公開しました。もしよろしければ、ぜひ聴いてみてください。    

LANDRを使った世界配信リリースが驚くほど簡単な話。

こんにちは。uPlayerです。 AIがマスタリングをしてくれるというクラウドサービス「LANDR」が、楽曲配信までサポートするようになりました。 今までちょっと敷居が高かった楽曲配信ですが、シンプル …

アシッドテクノの名機、Cyclone TT303 の使い方

先日購入したTB303クローンのTT303ですが、使い方が覚えられないので動画に撮ってみようと思いました。 付属の取扱説明書を読みながら、たどたどしく操作してます。それでも何か、すごいですよ、これ。よ …

Ableton Push2の修理

こんにちは。 Ableton Push2という、Ableton Live専用ハードウェアコントローラーを持っています。先日これを修理に出しました。 特に何かが故障したという訳でもなく、単にディスプレイ …

ComputerMusic: Tom Hadesによる本格的なテクノトラック作成講座

テクノ愛好者の皆さん、こんにちは!   海外の Computer Music という雑誌の255号で「Producer Masterclass」という、有名なプロデューサーが音楽製作について …

検索

Twitter Button

 

uPlayer(ユープレイヤー)