Unfound Messages

アンファウンド・メッセージズ

IT Troubleshooting

MacBook Pro の HDMI 接続で 4K ディスプレイのリフレッシュレート問題を解決!【めっちゃ快適】

投稿日:2019-06-28 更新日:

僕はMacBook ProにHDMIの4Kディスプレイを外部ディスプレイにしています。おかげさまでとても快適・・・と言いたいところですがなんだか目が疲れるんです。リフレッシュレートが30Hzとなり画面の動きがなんとなくカクカクして気持ちが悪いせいだと思います。そんな環境の解決方法が見つかりました。

結論から言うと、HDMI変換アダプターを買い替えると直りましたのでおしらせします。

接続図(以前)

MacBook ProのUSB-Cポート => Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ => HDMI ケーブル => LG 27UK600-W (4Kディスプレイ)

Appleのアダプターを使うと4K出力では30Hzまでしか選択できません。これが画面カクカクの原因です。システム環境設定の画面は以下の通り(ミラーリング設定でキャプチャーしてます)。リフレッシュレートは30Hzまでとなっています。

接続図(現在)

MacBook ProのUSB-Cポート => Anker USB-C & HDMI 変換アダプター 【4K / 60Hz対応】=> HDMI ケーブル => LG 27UK600-W (4Kディスプレイ)

下図の通り、画面解像度設定がしっかりOSレベルでサポートされ、解像度は「文字の大きさ」として変更できるようになります。これで画面はめちゃめちゃ滑らか。目の疲れが激減しました。

使ったアダプターはこれ

Anker USB-C & HDMI 変換アダプター 【4K / 60Hz対応】と言うアダプターです。

注意する点は?

  • まず、本体が熱い。(金属面に放熱しているから仕方ない)
  • MacBook Proの4つのUSB-Cポートの1つを塞いでしまう(他のUSB-Cハブを併用することを検討)

-IT, Troubleshooting

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Swift: Optional型やらアンラップやら・・・

やっぱりわけがわからなくなるので、備忘録。 型名? var megs: String? // 型名に?を付けると、Optional型になる。 型名! var msg: String! //!だと、初期 …

初心者のアプリ制作には計算機がいい

プログラミングではユーザーとアプリとのインタラクティブ性を考慮することが重要になります。 コマンドラインやWebブラウザ等を使えばその入出力パスの考え方は簡単ですが、アプリの場合GUIパーツから作らな …

Swiftの型

Swiftの勉強をしているが、新しい言語なので、ネットで情報を検索しても基本的な事はあまり見つからない。その代わり、JavaやObjective-Cの知識がある事を前提とした記事が多い。 そもそもオブ …

Xcode: 既存プロジェクトファイルを複製して別アプリを作る

ここを見た。Xcode内でプロジェクト名を変更してリンク先ファイルを自動変更してくれても、なぜかファイルパスがずれる事がある。   http://kubou.net/archives/325 …

MEMO: 超初心者向け:プロパティとメソッド

プロパティは、ドットの次に書くもの(変数)で、 メソッドは、ドットの次に書いた後に、最後に格好がつきます。カッコ内に値を入れられます。   ・プロパティ例:tom.name ・メソッド例:t …