Unfound Messages

Philosophy Art Collaboration Label

Music Review

Cyclone TT303 購入記

投稿日:

ども。突然ですが私は元々はコンピューター好きが高じてシンセサイザーの道へ入りました。アナログケーブルは散らかるし重いので、学生当時はあまり好きではありませんでした。デジタルの方が変更作業も簡単で机の上が散らからないので好きだったのです。

 

でもデジタルシンセサイザー好きだった私が楽器店で海外シンセサイザー担当者に任命頂きたくさんのシンセサイザーと触れ合っていた中で、アナログシンセサイザーの音に触れた時の衝撃はものすごく新鮮で、なぜデジタルとアナログはこうも違うのだろうと毎晩考えたものです。

 

アナログシンセサイザーは高額だし修理も含めた維持費もかかるという事で、貧乏人の私はどうにかデジタルの世界でアナログ感を出す方法を考えたわけです。

 

そんな私は、先日 Roland の TB-3 を購入しました。これは ACB というアナログ回路をシミュレートしたデジタルテクノロジーを使ったデジタル・シンセサイザーです。どこまでアナログ感が追求できたのだろうという事で以前から興味がありました。

 

聴いてみると、予想以上のアナログ感。興奮です。よくやったな Roland!という事で、さらにアナログ熱が強くなってしまった私はとうとうお財布の紐を緩めてアナログシンセを購入してしまったわけです。

 

イギリスの Juno Records から TT303 を購入

 

海外から購入です。英語には問題ないものの、貧乏性の私は故障時・修理時の送料が勿体無いという理由で海外から買ったことはなかったのですが、最近少し判断能力が鈍っているのか、下記のツイートを見た途端、勢いでポチり。憧れのTB303エミュレーションが格安とな。

 

 

Juno Records って何だ?

 

Juno といえば Juno-106 というシンセサイザーを思い出します。私が生まれて初めて出会ったシンセサイザー。

で、Juno Records とはそれとは関係なく、イギリスのオンラインショップであり、レコードのみかと思いきやシンセサイザーも取り扱っております。今回初めてアカウントを作って購入となりました。ドキドキ。

 

本体だけの価格しか考えていませんでしたが、よく見ると配送方法として選択肢があり、「トラッキングするには FedEx Priority を選んでね」という事で、この場合送料が7,500円ほど。海外輸送は行方不明が怖いのでしぶしぶこれを選択。

 

さらに問題が。冒険心に溢れるテンションに押され、最近巷で噂の 2% キャッシュバックしてくれるという夢のクレジットカード「Kyash」を使って登録したところ、取引成立!の画面が表示されたのにも関わらず「これだめ。やっぱ別のカードにして」とのメール指示が。どういうこっちゃ。まあとりあえず指示通りにして取引成立との返答が。ホッ。

 

ところがその後も「payment failure」とのメールが送られて来ます。どういう事?と思い、「Order History」ページを見てみると「Payment Problem」との表示が。

 

何これ、と再度問い合わせると、「It’s just a software glitch」だから心配しなくていいよ、だそうです。つまりエラー通知のメールは自動メールだから気にするな、だそうで。

 

さらに何とも親切なSERi先生よりアドバイス。日本でも使えるACアダプターは付属してこないから別途購入すべし。

 

 

某サイトでは電池駆動可能とあり(これ注意!)、とりあえず本体到着したら電池で遊ぼうと期待に胸を膨らせてました。何やかんやで10月23日にオーダーし、本体は29日に無事到着。納期6日です。

 

 

海外から購入する時は「電源」仕様に注意

 

さて、ちょっと早いサンタさんからのプレゼント的なテンションでワクワクしながら箱を開けます。

 

ワクワク。

 

かっちょいいソフトケースに入ってる!

 

おお、半透明カバーまで付いてる!海外仕様のACアダプターも。

 

あれ?

 

てっきり電池駆動かと思ってTT303の箱を開けて冷や汗が。電池カバーなんかどこにもないぞ。

 

で調べてみると、TT303にはバージョンがあって、最近のV2は電池駆動ではなく、電源アダプター必須だそうです。

 

 

まあどうせ間も無くフランス本社からACアダプターが届くだろうと、焦らず待つものの・・・なかなか届かない。つまり動かせない。音が出せない。飾るだけ。見るだけ。

 

 

フランスからACアダプターを「郵送」

 

Cyclone社からACアダプターを購入すると配送の追跡番号と追跡サイト URL が送られて来ますが、これがまたフランス語のみ。Google翻訳で変換してもいまいち意味がわかりません。

 

こんな感じ。

 

Cyclone社へ数回問い合わせるも、レスポンスは2日かかる時もあれば無視される事も。肝心のACアダプターが届かないので焦った私は、機転を利かせて日本郵政のサイトで同じ番号を入力して見たら、なんと言う事でしょう。

 

日本語で表示されるではないですか!つまり「国際郵送」だったって事。

 

こんな感じ。

 

結局 AC アダプターは11月10日到着。22日発注だから、なんと19日もかかったのでした。イギリスからTT303 本体が Fedex で6日で届いたのに対し、フランスからの電源アダプターが郵送で19日!

 

壊れないように大事に使わねば。

 

そして忘れてはならないのが輸入の際の税金です。あとから FedEx からしっかり請求書が郵送されて来ます。数千円用意しておきましょう。では!

 

Google Ad Sense




Google Ad Sense




-Music, Review

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Spliceのオーディオサンプルを使ってテクノトラックを作ってみよう

こんにちは。テクノトラックをコンピューターで作りたいと思っても、テクノは奥が深くて、どこからどう組み立てたらいいかわからないという方も多いと思います。テクノアーティストの音を一生懸命聴いても、耳で聴き …

Ableton Push2の修理

こんにちは。 Ableton Push2という、Ableton Live専用ハードウェアコントローラーを持っています。先日これを修理に出しました。 特に何かが故障したという訳でもなく、単にディスプレイ …

ZOOM: オンラインでDAW画面をリモートセッションしよう(しかも無料)

コンピューターミュージックファンの皆様、こんにちは。   いつの間にやら世間には、ベッドルーム・プロデューサーという肩書きが広まるようになりました。ベッドルーム、つまり寝室で音楽製作してその …

テクノというジャンルの魅力

あるアーティストは、「音楽は生物(なまもの)」と表現しています。レコードやCD、ネット配信という形が変わっても、何も考えずに音を記録しただけのものは本来その音が持つ「生きた」エネルギーを止めてしまうイ …

Sound CloudでWordlessをリリースしました

こんにちは。uPlayerです。 ちょっと遅くなりましたが、WordlessというテクノトラックをSound Cloudにアップしております。 バージョン1.0という事ですが、何と完成に至るまでのベー …