Unfound Messages

Decentralized Art Experiment

Article

「お金のいらない国」という本について

投稿日:

ZOZOの前澤社長が影響を受けたらしい本、「お金のいらない国」を読みまして、ちょっと頭が混乱しています。

 

 

これは難しいビジネス書とかではなく、読みやすい短編小説のような本。

 

ガタガタ論理を並べるとかじゃなくて、とりあえずこういう世界があったらどうよ? という手法です。薄い本だし、どんどん読み進めてしまいます。昔、Apple が未来の生活を動画にした「ナレッジナビゲーター」という作品がありましたが、なんかそれに近い世界観を感じました。

 

 

 

お金については以前からよく掘り下げて考えていて、主に2つの機能があると思ってます。

 

  1. 他人の力を借りて時間を節約できたときに、その「感謝」を定量的に示すもの
  2. 予想外にボラれるもの

言い換えると、

 

  1. 自分から積極的に与えるもの
  2. 他人から奪われるもの

 

ある一定のサービスを受けたんだから支払うのは当然。はい、その通り。オークションで価格が決定する限り、その金額に「ボラれた」感はありません。むしろ清々しい達成感が残ります。

 

しかし、オークションでは購入できるまで時間がかかります。売る側が価格を決定してくれていて、それに合意するか否かで売買が決定したほうが早いのです。

 

ところがその金額にも2つの側面が重なっていて、

  1. 開発にかかったコストを充当するための額
  2. 次回も良いものを提供してもらうための額(これが悩ましい)

これらが合算されて、価格が決まります。問題はこの2つ目。これがやばい。ここで騙される。この「騙し」がお金に対する悪いイメージを植え付けています。自分から相手に感謝を伝えるためなら、お金は「いいね」と同じで気持ちよく払えるものなんですけど。価格に「儲けよう、楽をしよう」という意図が隠れている事が多いから困る。

 

「お金のいらない国」というのがあったらどういう生活なのか。それがこの本を読むと見えてくるのです。そもそも「時間がなく焦る」事がない世界。みんなゆったりと生活している。

 

しかし、他人への感謝はしっかり存在しているのです。その感謝を定量的に示す事がどうやらないっぽい。この世界には「承認欲求」というのがないのかな?

 

 

目の前で風邪で倒れている人がいたとして、そこに5人の人間が手を貸そうとしたとする。その中で3人がたまたま内科医だった。しかし微妙に意見が違う。ではどの人が一番経験があり、一番感謝されて来ているか。それは資産額を見ればわかるようになっているはずが、お金がないのでこれまで得てきた感謝の総量が見えない。

 

前澤社長の考えはnoteに書かれています。でもまだまだ疑問は拭いきれない。

 

感謝の定量化が無くなったら、人間に優劣が無くなる。「人を選ぶ」という行為もなくなる。すると結婚も無くなるし、家族という区切りもなくなる。国という区切りもなくなるし、みんなが単なる個人であり、みんなが平等になる。

 

 食べ物や水など、生きていくために必要な物を競争して強奪しあう事がないなら、それも可能なのかも。 

 

なんか実現できそうで出来なそうな、不思議な世界観。誰か答えを出してくれ・・・。

 

 

 

 

-Article

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お金のためではない音楽活動がお金を集めてしまう話

ミュージシャンは一時期より稼げなくなりました。それなのに、将来ミュージシャンになって好きな事で生きていきたい!と叫ぶ若者は後を立ちません。   昔と比べて何が変わったかを冷静に考えてみると、 …

よく言う「プロフェッショナル」って何?

サラリーマンは指示された仕事を正確にやる、我慢してやる人の事だと思われていて、それに対してフリーランスや自営業は「プロ」と称されたりしますよね。でもサラリーマンにも「プロ」っていると思ってます。多分、 …

欲しいものが2つあって選べない時の決断術

こんにちは。   日常生活の中で必要なものを買うのには特に難しい事はなくて、普通に安いところから買えばいいのですが、「これがないと生活できない・・・ わけじゃない 」もの …

海外製品のテクニカルサポートを利用する際の「コツ」

  こんにちは。   ソフトウェアアプリケーションやコンピューターデバイスなどを使っていて、わからないことは困った事があった場合、皆さんはいつもどうされますか?最近では誰にも聞かず …

物理的な「場所」から解放される創作活動

「テレワーク」というキーワードもよく聞かれるようになりました。会社のオフィスへ行かずに仕事をする事について、ようやく理解が進むようになりました。実際に人と会って同じ飲み物や食べ物を口にしながら、同じ場 …

Twitter Button

 

uPlayer(ユープレイヤー):自由を敬愛する文系ITエンジニア&エレクトロミュージシャンです。テクノの世界をもっとポピュラーにしたいと願ってます。