Unfound Messages

アンファウンド・メッセージ

Music Review

「愛撫」が妖美な世界観を奏でる理由

投稿日:

基本的には6-4-5-1の循環コードで構成されていますが、単調に聞こえず、次々と衣替えしていくようにカラフルに感じる楽曲です。その謎に迫ります。

Aメロ

Fマイナーキー。コードは循環コードなので、ボーカルメロディーで聞かせています。
「Fm / Db / Eb / Ab」(絹の靴に 金の刺繍糸)
「Fm / Db / Eb / Fm」(濡れた砂を 駆け寄る)

Bメロ

同じく循環コードですが、Aメロを全音転調して、GマイナーキーとしてAメロを若干発展させています。
「Gm / Eb / F / Gm」(愛さないでね 愛してないから)
「Gm / Eb / F / Gm」(哀しい嘘が ひとひら)
「Gm / Eb / F / B」(戯れだって いくらだましても)
「Gm / F / Eb / Cm / Dm / Eb」(眼差しは 正直よ)

Cメロ

半音上げてG#マイナーへ転調して気分を変えます。サビにも匹敵するだけの、この曲のいちばん美味しい顔とも言えるキャラクターを持つ大切な部分です。頭の中で連続再生されてしまうくらいインパクトがある部分。

メジャーセブンスの切ない響きから始まりますが、ここで、一番緊張させるはずのVを愛らしくマイナー化してハッとさせています。

「EM7 / D#m7(13th) / F#m7 / G#」(Lonely Night 人は孤独な星 Lonely Night 瞬いて消える)
「C#m7 / BonD# / EM7 / BonD#」(短すぎる 人生なら )
「C#m7 / BonD# / EM7 / BonD#」(眩しく 燃え尽きるまで生きたい)

重力表記すると、

「IVM7 / IIIm7 / Vm / VI」(Lonely Night 人は孤独な星 Lonely Night 瞬いて消える)

となります。

Dメロ(サビ)

最後は循環コードで決めます。
「G#m / E / F# / B」(Touch me Touch me Touch me through the night )

全体としては循環コードでシンプルですが、4つの場面を転調と代理コードで刺激的に場面展開させつつ、あくまでもボーカルメロディーで魅了する構成になっているのが面白いです。明菜ちゃんを中心にするとこれだけ妖美で美しい仕上がりになるのですね。

-Music, Review

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

MASCHINE:ビート製作の作業をそのまま公開してみる

こんにちは。   YouTubeは、デフォルトだと15分以上の動画はアップできないみたいで、それ以上の長さをアップするには本人確認が必要なようです。   知らなかったので、作曲中( …

【DIY】電動自動昇降デスクのFLEXISPOT EJ2

自宅スタジオで作業するにあたって、座るべきなのか、それとも立つべきなのか、時々モヤモヤしませんか。座りっぱなしは血行にも悪く、頭もボーッとしがち。なるべくなら自分の気持ちのテンションや、心の声、体のコ …

MASCHINE: テクノビートメイキングのTips(初心者向け)

こんにちは。 テクノのビートの作り方をシェアしようと思います。DAWでリズムを打ち込んでも「なんかダサい・・・」という時には、まずはリズムの基礎からです。 世の中、テクノといってもいろんなテイストの音 …

Ableton Liveで作った曲をLogic Pro Xでミックスする(Rewireの話)

僕はAbleton Liveで曲を作るんですが、友達がLogicを使っている関係で、時々Logicに曲データを移す必要があります。STEMSという、つまり各トラックの音声ファイルをそれぞれ一つずつ個別 …

アシッドテクノの名機、Cyclone TT303 の使い方

先日購入したTB303クローンのTT303ですが、使い方が覚えられないので動画に撮ってみようと思いました。 付属の取扱説明書を読みながら、たどたどしく操作してます。それでも何か、すごいですよ、これ。よ …

検索

Twitter Button

 

uPlayer(ユープレイヤー)