Unfound Messages

アンファウンド・メッセージズ・ブログ

Tutorial

Elektron Analog Rytm Mk2: How to upgrade the firmware to 1.46 Beta for Overbridge2.0 Public Beta

投稿日:

なかなかリリースされないOverbridge2.0ですが、パブリックベータ版が出ているので使ってみる事にしました。Elektron製品はあまり慣れてないのでベータ版入れてトラブルシューティングするのはためらってましたが、Overbridgeは使わないのももったいないというわけで。

とりあえずAnalygRytmMK2のファームウェアも対応しているベータ版に更新する必要があります。Readmeファイルのファイル名はバージョン1.46ベータと書かれていますが、内容は1.45Bと書かれていて、まあ雑ですw。そこファームウェア更新手順が書かれているものの、これまた数パターンのやり方が書かれていてわかりにくいので、僕がやった方法を書いておきます。

 

[構成]

  • MacBook Pro 2016
  • Overbridge 2.0 Beta
  • Analog Rytm MK2 Firmware 1.46 Beta Version

 

ファームウェア更新手順

 

1. Analog Rytm MK2 の SYSTEM メニュー内の “OS UPGRADE” を選択

2. “YES” ボタンを押す

 

 

3. Mac 上で Transfer アプリを起動

4. 右上の”Connections”タブをクリック

5. “MIDI in” と “MIDI out”のプルダウンを開いてAnalog Rytm本体を選択

6. “Connect”ボタンを押して認識させる

 

7. 右上の”Drop”タブをクリック

 

8. Finderから対象となるFirmwareファイル”Analog-Rytm_MKII_OS1.46_BETA1.syx”をドラッグ&ドロップする

9. 本体が更新され自動的に再起動される

 

 

Overbridge 2.0 パブリックベータ版を使ってみる

 

Ableton LiveでOverbridge VSTプラグインを立ち上げて、使ってみました。

 

まず、画面がこんな感じ。

 

右上の鍵盤ボタンをクリックすると、画面下に鍵盤が出てきます。

 

Analog Rytmのドラムパッドは12個あります。Ableton Liveの中ではデフォルトで、C-2からB-2までの12個の鍵盤がそれぞれの音に割り当てられています。

 

あとはMIDIクリップ内にビートを打ち込んでいけば、AnalogRytmが鳴ってくれるんですが、ここで注意。Syncパラメータは「No sync」を選びましょう。そうする事で、AnalogRytm内のシーケンサーは動作しませんので、AbletonからのMIDI演奏がそのまま流れます。この設定が違うと、AbletonからのMIDIの他に、AnalogRytm内のシーケンサーパターンも同時に流れてしまうので注意です。

 

 

以上でした〜。

 

-Tutorial

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おすすめの Max For Live デバイス(随時更新)

Ableton Live 9.7.5時点で、シリーズの中でも最も高額なAbleton Live SuiteにはMax For Liveが付属してきます。がしかし、Maxデバイスを自作するのはお勉強が必 …

MACHINE JAM: Change the focus between SOUND and GROUP

これ結構わからなくて、いきなり作業がスタックするので書いておきます。   1) Press and hold the CONTROL button. 2) Press the target …

Max For Liveの勉強メモ

Max For LiveがAbeleton Live Suite 10にビルドインされるという事らしいです。その流れで、何となくMax For Liveをきちんと勉強しようと思います。 勉強する中で出 …

Sonic Academy Kick2 Nicky Romero Edition で遊ぶ

Sonic Academy が Summer Sale で30%OFFというのをやっているので、Kick2 のプリセットをゲットしてみました。 巷で時折噂されたりする、Nicky Romero Edi …

LANDRを使った世界配信リリースが驚くほど簡単な話。

こんにちは。uPlayerです。 AIがマスタリングをしてくれるというクラウドサービス「LANDR」が、楽曲配信までサポートするようになりました。 今までちょっと敷居が高かった楽曲配信ですが、シンプル …