iPhoneのカメラで演奏を録画したいが、音声は別途ラインで録りたい場合

Music

こんにちは。

Native Instruments社のMaschineや、Ableton Pushなどのハードウェアコントローラーを使ってリアルタイム演奏をすると、あっという間にクールなトラックが作れてしまう事が多いです。DAWソフトウェアの画面を前に、試行錯誤をしているよりも、体を動かす方が自分の体の音楽センサーの調子が良くなるからでしょうね。

さて、この即興演奏をiPhoneで動画を録画してYouTubeなどにアップしたいなあ、と思ってやってみると気が付く事があります。

「音がショボイ!」

iPhoneのマイクで音声収録されるということは、つまりスピーカーから出ている音を、そこの空気を通じて録音されてしまうので、「エアコンの音」やら「犬の鳴き声」やら、余計な音まで混ざってしまいます。というか、そもそもスピーカーを大音量にしないと音量が小さく録音されてしまう。

コンピューターのUSBオーディオインターフェースなどの音声出力はライン出力なのですが、このケーブルはiPhoneのLightning端子に接続できない。で、そんな時にはこれ。

YAMAHAのミキサー、AG06です。

見た目はゴッツイですが、実際はかなりコンパクトです。ちっさいです!

このAG06はUSBでコンピューターと接続する設計になっています。

AG06とiPhoneと接続する場合には、Appleの「Lightning – USB 3カメラアダプタ」を使って接続できます。

※この場合の注意点として、AG06に別途USBで電源供給する必要があります(AG06にはUSB端子が2個ある)。USBバスパワーでも電源は入りますが、iPhone内蔵バッテリーからだとちょっと足りないのです。

[接続イメージ]

DAWのパソコンのUSB出力 => USBオーディオインターフェースのラインアウト => AG06(別途USB電源接続忘れずに) => [Lightning – USB3 カメラアダプタ] => LightningでiPhoneに音声を入力。

AG06には3つの動作モードがあります。

  • DRY CH 1-2
  • INPUT MIX
  • LOOPBACK

AG06のライン入力をiPhoneにUSB出力するには、「INPUT MIX」モードを選択すればOK。

これで、いつも通りiPhone内蔵のカメラアプリで動画撮影をすると、こうなります!

特に、自宅スタジオ内のリアルタイム演奏を録画してアップするなら、AG06がおすすめです。理由は、ハイレゾ対応の音質と、インプット端子の位置。ラインのジャックが上を向いているので、抜き差しが楽!さらにエフェクターまで内蔵してたりもします。スタジオワーク向けって事ですね。

ただ、出先のスタジオなどでiPhoneに録画したいなら、RolandのGo:Mixer Proがいいかもしれません。これはiPhoneと接続するだけで別途電源不要です。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました