IT

40Gbps対応の高速SSDをMacBook Proへ取り付け

Ableton LiveやNative Instruments KOMPLETEなどの音楽制作ソフトウェアをインストールしてますが、MacBook Proの内蔵1TBがほぼ枯渇状態になりました。

CPUもストレージももはや一杯一杯なので、とりあえずSSDを増設してみることに。

外付けSSDの威力

いつもお世話になっているSleepfreaksさんの以下の動画で、今や外付けストレージが超爆速となっていて、昔とは比べ物にならないほど「使える」ようになっていることを知りました。

USB3.2 gen 2×2 で20Gbpsの転送速度が出せるという事ですが、Macでは非対応で、Windowsなら爆速が得られるという話。

しかし最近のMacはさらにその上の規格のUSB4.0をサポートしています。自分が使っている古いモデルでは、さてどうなのか・・・。

インターフェース「USB」と「Thunderbolt」

これは見た目でごまかされてはいけません。

物理接続としては、「USB-Cコネクター」を使用します。
しかしその中で流れている信号(プロトコル)は、”USB”、”Thunderbolt”など、異なる信号が流れる事になります(参考)。物理的にケーブルが刺さったから良いだろうではなく、通信プロトコルがお互いにしっかり対応している必要があります(明確に記載されていないケーブルの場合、転送速度をチェックしてみると分かると思います)。

MacBook Pro 2016モデルのインターフェース

だいぶ古い機種となってしまいましたが、2016年モデルについて。このモデルは、こちらの資料によると以下のプロトコルに対応している模様。

  • USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
  • Thunderbolt 3(最大40Gbps)

つまりUSB-C接続で、Thunderbolt3のデバイスを接続すれば、40Gbpsが理論上行けるらしい。

最終的に選択したSSD構成

  • WD_Black SN770(PCIe4.0 NVMe SSD 1TB 読み込み:最大5,150MB/s)
  • ORICO M234C3-U4(NVMeケース Thunderbolt3/4、USB3.2/3.1/3.0インターフェース対応)

これで、実測なら恐らく20Gbps以上は出せるだろうという推測です。

created by Rinker
¥17,800 (2024/07/17 21:47:16時点 楽天市場調べ-詳細)
ORICO M.2 SSD 外付けケース NVMe ケース M.2 SSD ケース 40Gbps 4TB NVMe PClE M-Key(B+M Key)2280 に適用 Thunderbolt 3/4 USB3.2/

作業風景

取り付けを開始。


ORICOの同梱品。


箱が二重になっているので注意。さらに説明書やネジ、SSD貼り付け用テープが見つかります。


ケースの裏ブタを付属のドライバーで開ける。


SSDを取り出す。


SSDを、ORICOケースに付属していた小さなカバーに貼り付けるのですが、なぜかウエスタンデジタルのSSDが少しだけサイズが大きく、ピッタリはまりません。
ラジオペンチで無理やりカバーを広げて、なんとか装着完了。

いざ、MacBook Proに接続。付属のケーブルは、USB-Aタイプ、USB-Cタイプの両方に対応できるようになっています。
USB-Aタイプのプラグを取り外すと中からUSB-Cが出てくるのですが、USB-Aがゴムで繋がっており、このゴムが邪魔で、USB-CとMacの接続口にピッタリくっつきません。


ディスクユーティリティーで、APFSフォーマット・GUIDパーティションでフォーマットします。

速度の確認

USB-Cポートへの直挿しで、約2400MB/s 出ました。
約20Gbps出てます!(計算はこちら


ちなみに、USBハブ経由でUSB-Aで接続してテストしてみたところ、読み出しでも414MB/s(約3.3Gbps)でした。

参考にした資料

ORICO外付けケースを使ったテスト動画。


SSDを選択する際の確認ポイント

IT Engineer, Track Producer, Video Game Remix, Ad PV BGM.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください