Unfound Messages

アンファウンド・メッセージ

Music Review Tutorial

SpliceでDAWのプロジェクトファイルを共有してリミックスを楽しむ方法

投稿日:

頑張って作った楽曲が完成した後も、音楽の旅は終わりません。楽曲の完成とは、その時点での中間仕上げであって、完成した後もどんどん加工していろんなバージョンを作るべきです。

自分で作った楽曲をさらに加工して別バージョンを作るのも楽しみの一つですが、お友達に送ってスペシャルリミックスを作ってもらうのも、楽しいものです。

その人それぞれのカラーがあるので、想像を超えて見違えるような楽曲に生まれ変わったりします。Spliceというサービスを使うと、ネットで簡単に出来てしまいますのでおすすめ。

Spliceとは?

Spliceはアメリカのサブスクリプション型クラウドサービスです。これを使うと、主にこんな事ができます:

  • Studio:自分が作った楽曲ファイルをアップロードして他人と共有、共作する
  • Community:他のユーザーが作った楽曲が聴けて、制作に参加できる
  • Sounds:サンプルファイルなどのサウンドライブラリーをダウンロード
  • Plugins:VSTプラグイン をサブスクリプション形式で使用できる

Spliceアプリ(クライアント)の画面

Spliceを使うには、まずSpliceにログインし、右上のメニューからSpliceアプリをダウンロードしてパソコンにインストールしましょう。

Spliceアプリの使い方

アプリ画面はこんな感じ。

画面左側にメニューがあります。

  • Projects:楽曲のプロジェクトファイルが表示されます。基本的に、Spliceアプリをインストールした後でDAWで楽曲ファイルを保存するごとにSpliceが自動検出して、Splice Studioに楽曲のプロジェクトファイルをアップロードしてくれます。
  • Samples:ダウンロードしたサンプルファイルライブラリーが表示されます。ここからドラッグアンドドロップでDAWにコピれます。
  • Presets:入手した音色プリセットファイル
  • Tools:サブスクリプションで使用できるVSTプラグイン

何らかの理由でプロジェクトファイルがアップロードされていない、または同期されていない場合、アプリ画面下の「View」ボタンを押して、それぞれのファイルを「Sync」ボタンで同期できます。

Spliceアプリの左下にある歯車アイコンをクリックすると、設定画面が見れます。

Splice Studioを見てみよう

では今度はWebブラウザーでSpliceにログインし、Splice Studioページを見てみましょう。

Studio > All Projects で、アップロードされた自分の楽曲ファイルが一覧表示されます。

楽曲名の右端にある点々のアイコン(?)をクリックして、この楽曲制作に参加して欲しいCollaboratorユーザーを招待できます。

とりあえず楽曲名をクリックしてみると、こんな画面になります。

楽曲のそれぞれのトラックが表示されています。

この楽曲はAbleton Liveで作成されたものなので、ここから「Open in Ableton」ボタンをクリックするとプロジェクトファイルがダウンロードできるので、そのままAbleton Liveで編集開始できるというわけ。

リミックスに参加して欲しい友達を招待しよう

Studio > Collaborators ページを開きます。

そこに表示される検索フィールドに友達のメールアドレスを入力します。

すでにSpliceユーザーの場合は検索結果として表示されますが、まだユーザーではない場合は「Invite xxxxx」という形で表示されますので、それをクリックすると友達に招待メールが届きます。

楽曲制作に招待された友達には、こんなメールが届きます。

「Visit the project」ボタンをクリックして、Splice ページに飛び、ユーザー登録してもらいましょう。

友達も同じDAWを所有している必要がありますが、所有していればそのまま楽曲ページから「Open in xxxx」ボタンをクリックしてもらえば、友達のコンピューターで楽曲ファイルが開けます。

対応しているDAW(詳細はFAQページで):

  • Studio One
  • Ableton Live
  • Logic Pro X
  • FL Studio

音楽はあなたの個性を表現する洋服のようなもの。友達が作ったものも一味違った個性が見えるでしょう。楽しんでみてください。それでは!

-Music, Review, Tutorial

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

LANDRを使った世界配信リリースが驚くほど簡単な話。

こんにちは。uPlayerです。 AIがマスタリングをしてくれるというクラウドサービス「LANDR」が、楽曲配信までサポートするようになりました。 今までちょっと敷居が高かった楽曲配信ですが、シンプル …

Trigger Maschine VST sounds from other track in Ableton Live

Ableton Liveで作った曲をLogic Pro Xでミックスする(Rewireの話)

僕はAbleton Liveで曲を作るんですが、友達がLogicを使っている関係で、時々Logicに曲データを移す必要があります。STEMSという、つまり各トラックの音声ファイルをそれぞれ一つずつ個別 …

Amazon Kindle Paperwhite レビュー

こんにちは。   読書の秋は終わってしまいましたが、読書にもっと時間とお金をかけるべきだと思っていて、ずっと Kindle デバイスが気になってましたので、勇気を出して買ってみました。 &n …

All Set To Dive – Preview Version

こんにちは。uPlayerです。 All Set To Diveという楽曲を作りました。配信しようかなと思っていますが、とりあえずプレビュー版をどうぞ!   Here is the prev …

検索

Twitter Button

 

uPlayer(ユープレイヤー)